ランニングは楽しい ( ´ ▽ ` )ノ

トレッドミルから外ランに切り替えてからランニングの面白さに目覚めました。練習のこと、大会のこと。他、食や酒や風景など。

千歳JAL国際マラソン 2017.6.4③

今回、洞爺湖マラソンと千歳マラソンを走って思ったことは、北海道の大会はどれも甘くないということでした。

また千歳では、寒ければいいというものでもない、という、これまでの価値観の中で初めての種類の教訓も発生しました。

北海道のマラソンシーズンは内地と違って5月〜10月頃なので、夏大会をはじめ大抵の大会は気温が高めだし、今までフラットな大会ばかり走って坂にめっぽう弱い自分には、これでもキツく感じました(^^;  

北海道では長い冬に雪の中あまり練習が出来ないんじゃないかな?と思うし、道産子は暑さも得意じゃないと思うのに、私が知っている北海道在住のラン友さんは、洞爺湖や千歳を殆どサブ3.5や女性でも3時間50分切りで走っていて。本当に驚いたな〜〜😵😵
もう、すごく刺激になりました‼️✨✨

自分はまだまだ甘いな‼️

 

まだまだ駆け出しの私は、初めて参加するこのふたつの大会を走れて本当に良かったし、いい経験になりました‼️

次はいよいよ、去年のリベンジの北海道マラソンです。1年間の経験がどう生きるかな。

千歳JAL国際マラソン 2017.6.4 ②

ブロック分けは無く、スタート前は会場の建物内で待機できる。これは寒い雨☔️の中、非常に助かり、有難かったです。

 時間が近付き、スタート地点に向かう群れの流れに合流。

カウントダウンでスタート🎬拍手👏👏👏〜〜

聞こえてくるのは星野源の「恋」のブラバン🎺

楽しいスタートだな💓なんて思いながらゾロゾロと順次スタートラインを越える。

 

おー渋滞だな。

3キロほど続いたかな?

まあ今日はファンランだし、慌てなくていいや🎵

そう思いながら流れに任せる。

4キロ、5キロと渋滞がバラけてきて、9キロ辺りまでかな、雨も気持ち良いくらいに楽しんで走れた。

しかし〜11キロ辺りから脚に異変が〜😅

 

雨☔️は断続的に、前半は小雨。後半は普通に雨☔️

樹々が雨を緩和させてくれた箇所も多々ありました。

前日からの雨で水分を含んだ路面。

水たまりやぬかるみを避けながらも脚を使わない、なんてコツを掴むにはまだ修行が足りなく、登り坂も重なり、脚を無駄に使わぬよう意識、心がけてはいたものの、早いうちから脚に来てしまい、これまでにない感覚。こんなことは初めてだな、これ完走できるのか?焦った😅

更に、暖まっている身体と違ってアームカバーを忘れ、ランニングタイツではなく軽め素材のハーフパンツ着用のため手や腕、脚は冷えていて、12キロあたりから古傷の左膝がしんしんと痛み出した(^^; お〜  まずいな(^^; しばらくしてキシキシしてきて、このままだと脚が前に出なくなるかもと、やりたくはないけどロキソニン服用。騙し騙し脚を前に進める。20キロ過ぎだったかな、2回目も服用。なんとか脚を進める。

 

ハーフ付近では一旦、脚が終了💦

救護コーナーを通りかかり、セルフテーピングしてる人たちが目に入る。

私もテーピングしたいぃ〜

救護コーナー前に戻りウロウロ…でも、手も悴んでいるし、ん〜〜  いいや‼️ 迷う気持ちのまま脚は勝手に前へ。いいのか、いいのか〜?  走り出す脚に連れられトボトボ着いていく。今のもタイムロスした〜😭 タイムロスを気にする余裕があった😅

 

何だか断続的に続く坂、緩いけどまた坂。確かハーフ以降は下り坂だよね?期待💓して進む。下りは下りで脚に響く🤣ひぇ〜〜 勘弁してーー‼︎🤣🤣💦先を考え負担が増大しないことを意識しながらスピードは出さず慎重に脚を使う。

 

そんなふうに、コッタコタながらに、これはいい修行だとか、すごくトレーニングになるだとか思いながら。そして楽しみながら、完走は絶対する‼️って思いながら。ひたすら前に続く、森林に囲まれた道と参加ランナーの後ろ姿だけが連なる風景を追いながら脚を前に進める。

 

やがて34キロを過ぎ、林道から一般道へ。

目に入るは信号🚦   あれが噂の信号か!タイミング良くクリア✨ラッキ〰‼︎ クリアできたつもりで走る。

アスファルトになったせいかペースを上げられたので、少し調子よく走る。

やっとリズムが出てきた…と思った矢先、なに?あれは信号か??コースの終盤にある信号🚦の2か所目に引っかかり、多分15秒くらいのタイムロス🤣

林道でも幾度となく小砂利が靴に入り、どうしても気になって、2回は靴を脱いで石を出そうとしたけど、雨で湿った靴下やインソールで小砂利が落ちてこない! 

何の意味もないタイムロスだったな~😅

JALマラソンより砂利マラソンだな🤣

 

なんだかんだでラスト5キロあたりから脚が言うことを聞いてくれるようになった。

37キロ以降は5:35〜45/kmで、やっとまともに走れるように🤣遅っ‼︎

私くらいのタイム周辺状況だと終盤はこのくらいのペースでも抜かしっぱなしになり、これは気持ちがよい。笑。

最後右折するとフィニッシュゲートが見えた。最後だけスパートをかけて、無事ゴールできました。あ〜 良かった😭 

千歳JAL国際マラソン 2017.6.4 ①

完走6回目のフルマラソン。

この大会は初参加でした。

洞爺湖マラソンから2週間。

千歳駅前に着いた時の気温は8℃(^^; 

おぉ、走りやすいのではないかい?

前回の洞爺湖マラソンが思いの外 暑かったこともあり、変に期待💓

 

天気は雨☔️

3月の佐倉朝日健康マラソンを彷彿とさせる気象条件(^^; って思ったけど、7〜8℃で樹々の雨よけも無かった佐倉のほうが、やっぱり寒かったな。

 

この大会はコースに特徴があって、他の大会のような一般道とは違う、年に一度この大会の為に開放される林道がコースになっていて、34キロまでは土や砂利の未舗装路を走ります。と言っても野ざらし道ではなく、運営の方々が大会にまでに整備して下さっています。

 

原生林の森林の中で、かつて未開の地だった北海道の、開拓の歴史が頭によぎるような。そっちの意味での北海道らしさを感じられるコースでした。

 

ガーミンによると10:20のスタート時は10℃。雨だけど気温的には走りやすいかなとイメージするも、自分にとっては25キロ関門でバス回収🚌された昨年の道マラを上回る、これまででいちばん辛いレースとなりました。レース中はそう感じながら走りました。

 

本当に不思議なのは、どんなレースも完走すれば、そこにあるのは何にも変えがたい達成感と、レース中の様々な思いも良き思い出に姿を変えていること。これを知ると病みつきになってしまい、この感動をいくつも味わいながら成長もしたいと、まだまだ追い求めてしまうのですよね〜😅

 

 

名古屋ウィメンズマラソン2017③後半〜フィニッシュ

 

 【後半~フィニッシュ】

28キロくらいだったか、みぞおちの痛みが薄れた頃、今度は打撲した左膝が痛みだし、着地の度に響いて更に失速…やばいぞぉ〜😑🌀
(ただ、失速は打撲してなくても起きただろうし、もしかしたら打撲してなくても左膝は痛んだかもしれない)

そんなこんなで後半は自分の身体を前に連れて行くので精一杯に(T▽T)


とにかくひたすら前へ‼︎‼︎

 ↑思ってたのはこれだけ 

 

そうするうち、キロ表示が36…37…あと5キロ…あと4キロ…とレースが終盤に差し掛かったのを把握。

沿道からは「あと5キロないぞー‼️」
「もうちょっともうちょっとーー‼️」
「ナイスランーー最後だよーー‼️頑張ってーー‼️」などなど耳に入る。
ん〜〜 ヴォルテージが上がってきたじゃあぁありませんか✨

 

残り2キロ‼︎ ドームが見え始めてくる。でも思うように加速できない。
ラスト1キロ‼︎ ドームが近付いてくる。
「ここで全力で頑張らなければ後悔する、それでいいのか⁉️」と自分に問いかける。
「いや、それはよくない‼️」と返事?をする🤣

そこからはもう、痛みとかどうでもよくなりスイッチオーン🔛💡‼️
残っている力を振り絞り、なんとかキロ5分台を取り戻す。(それが精一杯だった😂)

 

そこからが長かった。
ドームが見えている、なかなか辿り着かない、
ドーム敷地内に入った、ランナーの列が前方で途切れる(右折する)様子がなかなか見えてこない。
でもスピードは落とせない✊‼️(この辺で思わず半泣き状態🤣)

右折すればドーム内に入り、フィニッシュゲートがすぐにあるのは分かっていた。

右折した。あー‼️すごく遠くに見えるーー😱
思わず目を瞑って全力で加速‼︎
タイムの時計(名称分からない)が見えてきた、

4:10:5…ぬぉぉ?思ったより速いかも(残り5キロは殆ど自分の時計を見ていなかった)

 

✨✨\\٩(๑`^´๑)۶////✨✨

 

↑無事フィニッシュ  めでたい🎊(笑)

 

はぁぁぁ〜 今年の名古屋が終わったのかぁぁ😭✨✨

感傷、感動、ごちゃ混ぜの喜びに浸りながら、

振り向いて一礼。

 

さ〜〜 ティファニー受け取りへいざーー✨✨✨ ←最強に憧れていた瞬間

 

記録はネットで4:03:04  (グロス4:11:02)

前回の湘南国際のPB4:18:21から15分17秒の短縮でPB更新できましたヽ(;▽;)✨

失敗に反省点が目立ったレースだったし、後半あんなにヨレヨレだったのに、あんな走りだったのに??

 

前日禁酒を頑張ったので、今日は美味しいビールが飲める〜〜🍺✨✨😭って思えるのサイコーです٩(๑>∀<๑)۶

 

【大会を振り返り】

何が起こるか分からない42.195㎞。

だからマラソンなんだろうな🎵を少し学べたかな。

今後に生かすべき良き経験ができたと思っています😌✨

 

大会時にいつも感動する、ボランティアスタッフのあたたかさ。

それがなければ安心して走ることはできません。本当に頭が上がりません。

 お互いにエールを送りあったり、応援してくれたラン仲間や優しい友達。

モチベーション維持、向上、意識を高めてくれる素敵な方たち。

そしていつも理解と応援をしてくれている、大切な家族。

本当に本当に、すべての支えてくださった方に感謝です✨✨✨

こんな気持ちになれるマラソン、大好きです✨✨

 

無事完走出来て本当に良かったです🌺✨

 

 f:id:kodemaritan:20170316115257j:image

 

名古屋ウィメンズマラソン2017②スタート〜転倒アクシデント

 

私がいるブロックもいよいよ動き出し、何十メートルくらいだったかな、

小走りしっぱなしでスタートラインを踏みました。

 

前日の長距離バス移動、予定より遅くなってしまった就寝、

全く知らない土地であることや、明日への期待と不安で

(期待と不安とはまさにこのことを言うのねーーきゃぴー(≧∇≦)💕的な、)

頭はぐるぐる、意識は冴え冴え、なかなか寝付けず。

 

5時に起き慎重に準備を行い、7時過ぎに会場に着き。

無事整列するまでは緊張感で眠さを感じる余裕はなく。

走り出したら、眠いな〜と。

最初のうちだけ「やっぱり眠いんだな」と気付きながら走る。

 

6キロ地点辺りまではずっと前がつかえていた。

手元のガーミンを見るとキロ7分40秒台^^;
「このペースに任せていては、目標タイムに辿り着けない!」

コースの端っこに寄り、空いた空間を活用しながら前に進む。

 

6キロ過ぎてから徐々にバラけてきて走りやすくなってくる。
5キロ毎のラップは順調に踏んでいた。

 

【ポールにぶつかり転倒】

19キロのキロ表示が目に入ると、20キロの給水に備え、エナジージェルを取り出そうと(まだ1キロもあるのに気が早かった)ポーチのジップを開けた。

取り出そうとした次の瞬間、道に設置されていたポールに正面から思い切りぶつかり、ポールと一緒にダーーイブ‼️⚠️

こ、これは転倒というやつか Σ(`д´/;)/」

瞬間、起きた事実を信じたくない心境のまま両手を着き、左膝を道路に打ち付けた。
沿道が一瞬ざわついたのを感じ、滅茶苦茶恥ずかしい(´>_<`)

同時にこんな心の声。

 (もう起きてしまったのだから)

(無事に走れりゃ~問題はないだろう) 

 

ショックな気持ちに付き合う暇はなく、頭から切り捨てるべくすぐに立ち上がり、

無かったことと言い聞かせながら走り出す。先々影響が出なければいいな、と

心配にはなる。両手の痛みは次第に薄れた。

エナジージェルは予定通り20キロ給水時に摂取した。

 

〇今思うと、変に捻ったりせず走行を持続できたことはラッキーでした🍀

〇梅干しの種を取り除き、2粒ずつラップにくるんだもの×3個入りの小さい袋を多分この時に落としました(⁝͘ -᷄ ˍ-᷅)💦後で摂ろうとした時に無いことに気付き😨

塩っぱさを味わうのを楽しみにしていたのでショック〜

 

【バナナ🍌で失速…】

暑いな、なんて思いながら、22キロ辺りで給食バナナ🍌 が目に入る。
3分の1本くらいの大きめサイズ。
それを走りながらふた口くらいで食べました。
すると間もなくみぞおち?胃?が痛みだし、失速…    やってもうた…(T_T)
スピード維持したいが着地の度にみぞおちが痛い…T▽T

今まで練習時も大会時もバナナで痛くなることはなかったので、大丈夫だと思っていたのです😅

この失速は痛かったです😞
これから給食は気を付けようと思いました(もちろん前方もです😂)
(🍌ひと口くらいなら大丈夫だったのかもです😞)

 

【転倒した時に声をかけてくれた沿道の外国人さん】

ランニング中の足元は常日頃から注意していましたが、この時は前方のランナーの群れに、ぶつかったポールは死角になっていました。
後でYouTubeでこの日のTV中継を見てたら、19キロあたりに、変に出っ張って置いてあるポールのゾーンがあり、あー!あれに多分ぶつかったんだ(T T)と思いました。

 

転倒時、立ち上がり走り出す頃に、一生懸命こちらに何か呼びかける声が聞こえ、左を見ると、インド系かパキスタン系(イメージ)の男性が、どうやら「大丈夫か?」と言っているように受け取れ、「👍」のゼスチャーを返しながら、さも平静を装い走り出すと、コクリと頷く姿が。名前も分かりませんが、人のあたたかさを感じ、静かに感動していました。ありがとうございました✨

 

そんなわけでみなさま、くれぐれも設置のポール等にはお気を付けくださいませm(__)m

 

名古屋ウィメンズマラソン2017①整列〜スタート

 

兼ねてから憧れだった初・名古屋ウィメンズマラソン、走ってきました。

 

【整列〜スタート】

昨年8月のエントリー時に申告した目標タイムによりGブロックスタート。
申告タイムは、その後に出したPBより遅いタイム。

う〜ん、もっと前のブロックに行きたかったな(笑)などなど思いながら。

 

各ブロックは全員女性で埋め尽くされ、スタートエリアは祭典にふさわしく、それは華やかでした🌺

整列時、スクリーンでは何やらストレッチ?エアロビ?

ん〜女性だけの大会ならではだなぁ〜と、面白い気持ち。

 

君が代斉唱に渡辺美里が紹介される。

「ヒュ〜」「パチパチ👏」と、まわりが一瞬盛り上がる。
そして号砲。
マイレボリューションのメロディBGM(美里さんのバージョンではなく、メロディ演奏)と「行ってらっしゃ〜〜い」のアナウンスに見送られブロック毎に順次スタート。
マイレボリューションって…笑笑 懐かしい😂なんて思いながら。

 

さぁ、名古屋の街を走るぞぉ〜✊✨✨
今日は楽しんで頑張るぞぉ〜✨
PBも出したいぞぉ〜✊✨✨

 

スタートライン踏むまでにかかった時間は、ほぼ8分。

 

フルマラソンは2016年12月4日の湘南国際以来。

前日まで、それはそれは緊張していました。

スタートしたら、あとは走るのみ‼️

 

この瞬間を無事迎えられたことに感謝✨✨

 

ランニングを始めた経緯~フルマラソンを目指したきっかけ

2014年春、腰痛の限界と愛犬の病状の進行が重なり「時期かな」と

12年間の飲食業務を辞め、それに伴いスポーツジムも退会、それまでの

トレッドミルで続けていた有酸素運動を確保するため外ランを開始。

外ランは想像以上に有意義で、そのまま習慣になりました。

 

初めて参加した大会は帰省兼ねての【北海道マラソン2015 ファンラン11.5K】

ファンラン終了後、そのまま帰るのも寂しく「ついでに」と観戦したフルマラソンのフィニッシュ地点で大感動。

以来、フルマラソン完走を「いつか叶えたい夢」として描くようになりました。


気付けばふたりの娘も成人し、それぞれに自身の道を歩き出しました。

親の私も自分自身が打ち込める物事が必要な「その時」が訪れていましたが、

既にランニングにハマっていたことで救われました。

 

経験浅い主婦亀市民ランナーの、主にランニングやそれにまつわること、

時々日常などを綴っていきます。前進と向上を目指して。

 過去大会のことも追々作成していきます。